Microsoft Project Professional 2016 日本語[ダウンロード版][Windows版](PC2台/1ライセンス)

--【ご注意事項】---(1) こちらの商品はプロダクトキーとインストールマニュアルとなり、商品現物の発送はございませんので予めご理解、ご了承ください。(2) 商品発送後7日以内にインストールと認証を完了して下さい。(3) 万が一認証失敗の場合、インストール完了までサポートサポートさせていただきます。(4) 1年に1回以上はMicrosoftアカウントでサインインをお願いいたします。(5) 1年以上サインインをされない場合、取得されたMicrosoftアカウントが削除されることがあります。詳細利点MicrosoftProjectProfessional2016では、重要なプロジェクトを効率的に管理する強力な機能を提供します。Office365やSharePointとの併用により、どこからでも作業できるだけでなく、簡単に使える共同作業機能でプロジェクトを迅速に立ち上げ、成功へと導きます。SkypeforBusinessとシームレスに統合された機能を使えば、ProjectProfessionalからチームメンバーと通話やインスタントメッセージで速やかに連絡を取ることができ、Office用アプリでProjectの機能を拡張することで、固有のビジネスニーズに対応できます。情報を整理直感的な操作と柔軟なチームツールがプロジェクトの計画と管理を支援、組織は狙い通りのビジネス価値を創出できます。ビジュアル面の強化により、課題のすばやい絞り込みと、実行すべきアクションの選択を簡単に行え、さらに各機能をシームレスに参照できます。ProjectからOffice.com上の最新のProjectテンプレートにアクセスして、すばやく作業を開始できます。最近使ったファイルや場所へすばやくアクセスして、情報の整理ができます。作業の効率化と優先順位付け多機能なビジュアルインターフェイス上に、日々の作業、プロジェクトタスク、重要な詳細情報、複数のタイムラインを集約することで、作業の効率化と優先順位付けができます。あらゆる規模のプロジェクト計画の管理ができます。使い慣れたOfficeに似た使い勝手と、すぐに使える多機能なレポート作成ツールを使って、進捗状況やリソースの割り当て状況をすばやく簡単に評価できます。ガントチャートのタスクパスのハイライト機能を使うと、タスク同士がどのように連携しているのかを把握でき、プロジェクトの成功に最も重要なタスクがどれなのかを特定できます。タスクの整理とリンクの設定、タイムラインの作成ができるユーザーインターフェイスにより、プロジェクトの課題に注力できます。どこからでも管理外出先でもチームと密接に連絡が取れるツールを使い、どこからでもプロジェクトの管理ができます。ProjectとOffice365(またはSharePoint)間の連携機能がさらに向上し、専用のプロジェクトサイトを通じて最新のステータス、会話、プロジェクトタイムラインを共有できます。数回のクリックで作成できるプロジェクトサイトでは、チームメンバーとプロジェクトの詳細情報を迅速に共有ができ、そこから全員と連絡が取れるため、連携が深まります。プロジェクトを成功に導くタスクの計画、リソースの割り当て、コスト効率、プロジェクトに関する多くの重要な詳細情報をすぐに把握できる、効果的なプレゼンテーションを作成できます。Projectの複数タイムライン表示では、プロジェクトを可視化して、優れたプレゼンテーションをチーム、エグゼクティブ、関係者に提供できます。情報を簡単に共有できるので、進捗状況と達成状況をより効率的に報告できます。バーンダウンやリソースの概要などの体裁の整ったすぐに使えるレポートを使用したり、使い慣れたExcelと同様のエクスペリエンスで独自のレポートを作成して、進行状況をすばやく評価し、チーム、エグゼクティブ、関係者に効果的に伝えることができます。WordやPowerPointなどの使い慣れたOfficeアプリケーションにProjectから簡単にコピーして、そのまま、またはラベルやスタイルを変更して貼り付けることができます。変更を予測プロジェクト遂行のための日々の作業と、必要なリソースをシミュレーションして、将来の変更を予測できます。チームプランナーやリソース予約など、強化されたツールを使って、スケジュールに影響が出る前に潜在的な問題を発見し対応できます。Projectでは、タスクを「非アクティブ」に設定して、プロジェクト計画全体を再作成することなく、シミュレーションができます。新しいタスクパス分析を通じて、実際に発生する前に潜在的な問題を把握できます。プロジェクトの計画、スケジュール、実施などに関する詳細情報を効率的に管理して、プロジェクトを成功に導くことができます。Officeストアを活用Officeストアでは、カスタマイズと機能拡張を行うための各種オプションが利用できます。新しいOfficeストアで提供されているOffice用アドインを利用してProjectの機能を拡張し、固有の問題を解決して、個人やビジネスのニーズに対応できます。Office.comでアドインを見つけたら、配布オプションを選択するか、コーポレートアプリカタログを介してアプリを提供できます。強固なアプリケーションアーキテクチャと、独自のプログラミングを可能にするソフトウェア開発キット(SKD)を利用できます。日々の共同作業を改善ツールをシームレスに使って作業ができます。プロジェクトの成功に向けて、チームメンバーに必要な情報を共有します。Projectは、Office、Office365、SharePoint、SkypeforBusinessと連携して、包括的な共同プロジェクト管理システムを提供します。PowerPointやメールなどのOfficeアプリケーションにプロジェクト情報を簡単にコピーしたり、重要な計画や詳細情報をOffice365やSharePointに保存したりできます。ProjectとOffice365やSharePoint間でのタスクリスト同期機能がさらに強化され、どこからでもチームにプロジェクト情報をすばやく提供し、チームからの変更の通知を簡単に受け取ることができます。リアルタイムでコミュニケーション重要な会話をすばやく安全にやり取りできるツールを使って、別の会議室や地球の裏側にいるチームメンバーとリアルタイムでコミュニケーションできます。プロジェクトプランの在席情報から、チームメンバーが会話可能か、SkypeforBusinessのインスタントメッセージでの連絡が可能かがひとめでわかります。ProjectとOffice365に統合されているSkypeforBusinessOnlineを使って、プロジェクトから直接インスタントメッセージですぐに会話を開始し、オンライン上で情報共有ができます。SharePointとProject間の改善されたリスト同期機能を使用して、どこからでもプロジェクトの情報提供と効率的な進捗確認ができ、また情報が変更された場合は通知を受け取ることができます。システム必要条件OS:Windows7SP1〜Windows10、32ビット版または64ビット版OSのみCPU:SSE2対応の1GHzプロセッサメモリ:2GBRAMハードディスク:3GBの空きディスク領域画面解像度:1280x800その他:Microsoftアカウント、インターネットアクセス(通信に関する費用はお客様の負担になります)

プラットフォーム:Windows7,Windows8,Windows8.1,Windows10使用期間の限定等は無く、もちろん永久にご利用頂けます。製品のダウンロード、インストール、マイクロソフト公式サイト1、新規インストールと再インストールは可能です。2、製品のライセンス認証は、「インターネット経由」で行うことができます。3、正規ダウンロード版です、Microsoftの公式サイトからダウンロードします。ご注意1、Office2013とOffice2016(統合製品および単体製品)は同時利用ができません。2、Office2016に移行する場合は、Office製品をすべて2016バージョンにアップデートしてください。ProjectProfessional2016簡単にプロジェクトメンバーとの共同作業が行えるので、プロジェクトを速やかに立ち上げ、成功に導きます。SharePointとの同期機能をさらに強化、どこからでも効率的に進捗確認ができます。追跡番号はプロダクトキーです。ご了承ください。

さらに見る

  • 2018.12.10 11:08:43
  • 2 view