Microsoft Visio 2019 Professional 32bit/64bit 日本語[ダウンロード版][Windows版](PC1台/1永続ライセンス)プロダクトキー

--【ご注意事項】---(1) こちらの商品はプロダクトキーとインストールマニュアルとなり、商品現物の発送はございませんので予めご理解、ご了承ください。(2) 商品発送後7日以内にインストールと認証を完了して下さい。(3) 万が一認証失敗の場合、インストール完了までサポートサポートさせていただきます。(4) 1年に1回以上はMicrosoftアカウントでサインインをお願いいたします。(5) 1年以上サインインをされない場合、取得されたMicrosoftアカウントが削除されることがあります。VisioProfessional2019データとリンクした図を簡単に作成、共有して、アイデアを形にしましょう。本格的な図面を簡単に作成使い慣れた[はじめに]エクスペリエンス、既製のテンプレート、数千種類の図形を使用して、UML2.5やBPMN2.0などの業界標準に準拠した本格的な図面を簡単に作成できます。図面の共同編集と共有をシームレスに同時編集、図形に関するコメント、SkypeforBusinessによるアプリ内プレゼンス*によって、図面で幅広い共同作業ができるようになりました。Visioから図を簡単に直接共有して、関係者の知見を取り入れることができます。図面とリアルタイムのデータを接続して意思決定の時間を短縮Visioの図形や図面を、社内外で広く使われているさまざまなデータソースからのリアルタイムデータとリンクさせましょう。図面内で書式設定やデータグラフィックを使用して、基礎になるデータの変更内容を視覚化すると、ユニークな分析情報をすばやく確認することができます。*SkypeforBusinessは別売りです機能本格的な図面を簡単に作成豊富なテンプレートと多数の図形組み込みのワイヤーフレームを含む豊富なテンプレートと何千ものカスタマイズ可能な図形から選択して、数字、アイデア、他のデータポイントを一貫したインパクトのあるストーリーに変換します。業界標準のサポートVisioの豊富な図形ライブラリを利用して、統一モデリング言語(UML)2.5、ビジネスプロセスモデリング表記(BPMN)2.0、仕様記述言語(SDL)などの業界標準に準拠したコンテンツを作成できます。組み込みの検証Visioの検証エンジンを実行すると、BPMNおよびワークフロー図に必要な要素がすべて揃っていることを確認できます。XMLを使用すると、他の種類の図面に対しても検証エンジンを実行できます。使い慣れたエクスペリエンスドラッグアンドドロップ、整列や配置、自動接続などの直観的な機能を利用して、より効率的に図面を作成できます。さらに、あらかじめ作成されたテーマや効果を使って、本格的で見栄えのよい図面にすることができます。図面の共同編集と共有をシームレスにチームメンバーによる同時編集チームで図面を共同編集して1つのバージョンのみを管理することで、バージョンの競合をできるだけ少なくします。だれが図面のどの部分で作業しているかを確認し、変更に関する通知を受け取り、変更内容をマスターファイルに反映させるタイミングを選択することができます。アプリ内でのコメント入力Visio内でコメントを追加したり回答したりすることで、すべての関係者の洞察を含めることができます。コメントは図面の特定の図形と関連付けることができるため、混乱を避けることができます。リアルタイムのプレゼンスインジケーターVisio内のSkypeforBusinessのライブプレゼンスインジケーターで、対応できるチームメンバーを確認できます。また、インスタントメッセージ(IM)、音声通話、ビデオ会議をアプリ内ですばやく実行することもできます。簡単かつ安全な共有OneDriveforBusinessやSharePoint*などの、高度にセキュリティ保護されたさまざまなオンラインレポジトリを介して、Visio内から図面を共有したり、ファイルをPDF、PPTX、DOCX**形式でエクスポートしたりすることができます。*OneDriveforBusinessおよびSharePointは別売りです**PowerPoint(PPTX)またはWord(DOCX)(別売り)が必要です図面とリアルタイムのデータを接続して意思決定の時間を短縮簡単なデータリンクVisioの図形や図面を、一般的な社内外のソースからのデータと接続し、複雑な情報を簡素化して新しい分析情報を明らかにします。データグラフィックを挿入し、書式を使用することで、図面内の基礎となるデータでの変更内容を反映させることができます。データ図面へどこからでもアクセスVisioOnlineプランのサブスクリプションをお持ちでない場合でも、VisioOnlineをお好きなブラウザーで使用すれば、どこからでもデータが接続された図面を表示できます。データベースリバースエンジニアリングデータベースリバースエンジニアリング(DBRE)アドインを使用して、既存のデータベースからデータベースモデルを作成できます。データが接続された組織図Excel、Exchange、AzureActiveDirectoryなどのデータソースから組織図を自動的に生成することで、時間の節約になり、手入力による間違いが減りま*Visioは、MicrosoftExcelブック、MicrosoftAccessデータベース、MicrosoftSharePointFoundationリスト、MicrosoftSQLServerデータベース、MicrosoftExchangeServerディレクトリ、AzureActiveDirectory情報、その他のOLEDBまたはODBCデータソースを含む、複数のデータソースをサポートしています。

プラットフォーム:Windows7,Windows8,Windows8.1,Windows10MicrosoftVisioProfessional201932bit/64bit日本語プロダクトキー[ダウンロード版]1、新規インストールと再インストールは可能です、こちらの製品で、初回インストールされたPCのみ再インストール可能です。2、製品のライセンス認証は、「インターネット経由」で行うことができます。3、正規ダウンロード版です、Microsoftの公式サイトからダウンロードします。ダウンロードURL:https://w.office.com/setupご注意1、Office2013とOffice2016(統合製品および単体製品)は同時利用ができません。2、Office2016に移行する場合は、Office製品をすべて2016バージョンにアップデートしてください。*SkypeforBusinessは別売りですVisioProfessional2019データとリンクした図を簡単に作成、共有して、アイデアを形にしましょう。追跡番号はプロダクトキーです。ご了承ください。

さらに見る

  • 2018.12.16 02:34:07
  • 1 view